現金主義の悲劇!スーパーホワイトはローンやクレジットカードの審査も通らない!?

 

スーパーホワイトは審査に通らない?

スーパーホワイトの方が審査に通るのは簡単ではありません。

スーパーホワイトとは、信用情報機関に全く情報が載っていない人のことです。

スーパーホワイトは、過去に何かお金のトラブルがあってクレジットカードやローンを利用できなかった方と、現金主義の方がいます。

ですが、スーパーホワイトは、現金主義の方と過去に何かお金のトラブルがあってクレジットカードを利用できなかった方を区別することができないため、審査で不利になってしまいます。

スーパーホワイトの方がクレジットカードやローンの審査に通るには、信用情報を作り上げることが大事です。

信用情報を作るには、携帯電話や通販商品を分割で支払ったり、比較的発行しやすいと言われているクレジットカードから申し込んで信用を作ってください。

それでは、スーパーホワイトの方がクレジットカードやローンの審査でどのような印象を与えてしまうのか見てみましょう。

スーパーホワイトとは一体どんな状態なの?

クレジットカードの話でよく出てくる、「信用情報って何なの?」って思いますよね。

信用情報とは、クレジットカードやローンなどの申し込みや契約、支払い状況などの情報のことです。

信用情報が何の記録もない人のことをスーパーホワイトと言います。

記録がなくて何か問題があるの?」と思うかも知れませんが、これからクレジットカードやローンの審査に悪影響があったりと色々問題です。

それでは、具体的にスーパーホワイトについて確認してみましょう。

スーパーホワイト関連する用語

まず、より簡単に読み進めるために、クレジットカードやローンの話に頻繁にでてくる用語を簡単に説明します。

用語をすでに知っている方は、次に読み進めてください。

  • 信用情報(クレジットヒストリー)
    →クレジットカード・ローン・分割払いの申し込み・契約・入金状況などの情報
  • 信用情報機関
    →クレジットカード会社が審査をする時に情報機関を参考にする
  • 信用情報機関にはCIC・JICC・KSC・JBAなどがある
  • 信用情報機関同士で情報を共有するシステムがある

信用情報はクレジットヒストリーとも呼ばれ、クレジットカードやローンなどの申し込み、契約、入金などの情報です。

信用情報はクレジットカードやローンの審査で重要となります。

また、信用情報機関はCICやJICC、全国銀行個人信用情報センターなど以下の通りです。

  • CIC:主にクレジットカード会社が加盟
  • JICC:主に消費者金融会社が加盟
  • 全国銀行個人信用情報センター:主に銀行が加盟

金融機関は信用情報機関を元に、クレジットカードやローンの審査などで、申込者に返済能力があるのか、しっかりとした信用情報かなどを判断しています。

また、金融機関は信用情報機関の情報を閲覧するだけでなく、クレジットカードやローンの審査などの申込者の情報を信用情報機関に提供することもあるのです。

加えて、CRIN(クリン)やFINE(ファイン)と呼ばれていて 、信用情報機関同士で情報を共有するシステムがあります。

CRINやFINEなどは、お金を借りすぎてしまう多重債務などが起こらないように情報を共有しているのです。

スーパーホワイトはクレジットカードやローンの履歴が全くない

クレジットカードやローンの審査でスーパーホワイトという単語が出てきますよね。

スーパーホワイトとはクレジットカードやローンなどを利用してこなかった人を指します。

クレジットカードやローン、分割払いの契約の際に、規約や約款などの書類に目を通しますが、それらの書類の中の記載で自分の信用情報を信用情報機関に登録しても良いかどうかの記載があります。

クレジットカードやローンに申し込む人は、自分の信用情報を信用情報機関に登録することを了解して契約を結んでいるのです。

ということは、クレジットカードやローンの審査を受けたことがある人であれば、信用情報機関に信用情報が載っています。

信用情報に載っている情報

信用情報機関に記載されている情報は、大きく分けると3種類です。

  • 申し込みに関する情報
    →6ヶ月間保管
  • 契約・入金状況に関する情報
    →終了後5年間保管
  • クレジットカード会社などが利用した記録
    →6ヶ月間保管

クレジットカード会社が主に加盟するCICを例に見ていきましょう。

信用情報は情報の内容によってそれぞれ保管される期間が決まっています。

具体的に、申し込みに関する情報は6ヶ月間、契約や支払いの状況は契約終了後5年間、クレジットカード会社などが信用情報を利用した記録は6ヶ月保管されているのです。

信用情報機関の情報は、クレジットカードやローンの申し込みに関するものは半年間、契約や支払いの状況は、全ての支払いが完了してから5年間情報が保管されるのです。

信用情報機関には、クレジットカード会社が信用情報機関を利用した記録が6ヶ月間記録されます。

それぞれの情報が保管される期間を過ぎれば、信用情報は抹消されます。

  • 信用情報は情報によって保管される期間が決まっている
  • 所定の期間が過ぎると情報が抹消される

信用情報機関の情報は種類によって保管される期間が決まり、所定の期間が過ぎると情報は抹消されます。

逆に、スーパーホワイトの方は信用情報機関に全く情報が残っていません。

現金主義のスーパーホワイトはどうなるのか

先程もお伝えしたとおり、信用情報機関に契約や申し込みなどの情報が全く無い方を一般的にスーパーホワイトと呼びます。

一般の方であれば、スーパーホワイトを、「現金しか使わないタイプなのかな。」と思うかも知れませんが、クレジットカード会社はそのように思いません。

クレジットカード会社からすると、スーパーホワイトの方は、「何か理由があってクレジットカードを持てなかったり、ローンが組めないのじゃないか?」という判断をします。

つまり、スーパーホワイトの状態には2つの解釈があって以下の通りです。

  • 現金主義でクレジットカードやローンを利用していない
  • 過去に何かお金のトラブルがあってクレジットカードやローンを利用できず、信用情報機関に全く情報がない

しかし、上記のどちらのタイプが見分けることができないため、スーパーホワイトの方はグレーな状態ということになります。

信用情報機関に記載されている状態だけでは、現金主義で一度もクレジットカードやローンを利用していないのか、過去に何か金融事故を起こしたのか区別できません。

つまり、クレジットカード会社は利用代金を回収できないなどの、リスクを回避するために、スーパーホワイトの方を嫌がります。

スーパーホワイトがクレジットカードやローンの審査で不利な理由

スーパーホワイトの方は、延滞などの悪い情報がないだけでなく、過去の利用実績などの情報も一切ない状態です。

また、一般的に、30代以降になるとスーパーホワイトの方は、クレジットカードやローンの審査に通りづらいと言われています。

ここからは、スーパーホワイトの方が審査に通りづらくなる理由を見ていきましょう。

過去にお金のトラブルがあったと思われる

スーパーホワイトの方は、信用情報機関に何の情報もない方を指します。

もし、現金しか利用してこなかったことが理由で、信用情報がなくても証明できません。

また、現金主義が理由で信用情報が全くない以外には、過去に金融事故を起こしていたなどの理由があって信用情報機関に全く情報がのっていないことが考えられます。

現金主義で信用情報がない方と、お金のトラブルで信用情報機関に全く情報が載っていない方は同じ状態のため、スーパーホワイトの方はクレジットカードやローンの審査に通りにくくなってしまうのです。

一定の年齢でクレジットカードやローンの履歴がないのは不自然

一定の年齢でクレジットカードやローンの履歴がないのは不自然です。現代では、20代の方がクレジットカードを使うのは珍しくありません。

また、30代以上などの一定の年齢になると車やマイホームなどの大きな買い物で、ローンを組むことがあると予想されます。

あなたは携帯電話の機種代金を分割払いで購入しますか?

携帯電話の機種代金は本体代金実質0円などと謳われているため、毎月本体代金を支払っている感覚が少ないかもしれませんが、実は本体代金を分割で支払っています。

携帯電話を契約している人の多くが分割払いの記録があるということです。

つまり、携帯電話の本体代金を分割で支払っていれば、信用情報機関にも記録が残りますが、スーパーホワイトの方は機種代金の分割の支払い情報もありません。

スーパーホワイトの方は、クレジットカードやローンの利用実績が全くないどころか携帯代金の機種代金のローン払いの実績もないため、不審に思われます。

クレジットカードの審査では、30代などの一定の年齢をすぎても信用情報が全くない方をいいように捉えません。

強制解約などのトラブルのあった人と見分けがつかない

クレジットカードの利用で延滞などを頻繁に起こすなどしていると最悪の場合、強制解約させられてしまいます。

強制解約などは信用情報の中で異動情報として記録されるのです。

それでは、具体的にどういう状態で信用情報に異動情報として記録されるのかを見ていきましょう。

  • クレジットカード・借金などを61日or3ヶ月延滞
  • 代位弁済
    →カードローンなどが支払いできずに保証会社が立て替えた場合
  • 延滞によるカードのクレジットカードの強制解約
  • 債務整理

上記のような異動情報があると、審査に申し込んでも落ちてしまうため、どこのクレジットカードやローンの審査でも厳しい判断がされるでしょう。

CICは延滞が解消してから5年間異動情報が残るため、CICに加盟する金融機関ではクレジットカードやローンの審査で厳しい評価をうけます。

逆に考えると、CICから5年で異動情報が消えてしまうため、過去に延滞などのトラブルを起こした人と、スーパーホワイトの方の区別がつきません。

異動情報によってクレジットカードが発行できないと、利用実績ができないため、信用情報は真っ白の状態になってしまいます。

ちなみに、現金主義の人はクレジットカードやローン、分割払いの利用情報がないため、お金のトラブルを抱えている人と区別ができません。

学生や若い人はスーパーホワイトでも問題ない

スーパーホワイトの方はクレジットカードなどの審査に通りにくくなりますが、20代前後の学生や若い方はスーパーホワイトでも問題ありません。

20代前後のスーパーホワイトの方が審査で不利にならないのは、クレジットカードやローンを利用したことがなくても不思議ではない年齢だからです。

高校卒業後すぐに就職した人や大学生になりたての方などが、クレジットカードを持っていなくてもおかしくはありませんよね。

若いうちが最初のカードを作るチャンス

18歳~20代前半の年齢は人生で初めてクレジットカードを作るのに適した時期です。

  • クレジットヒストリーがなくても不自然だと受け取られない
  • クレジットカードの支払いなどでマイナスな情報がない

初めてのクレジットカードの発行は限度額が低く設けられる可能性がありますが、審査のハードルは決して高くありません。

若いうちにクレジットカードを発行して、毎月少しづつでも利用しておけば、信用情報が作り上げられます。

信用情報ができあがれば、将来のランクの高いクレジットカードや家、車などの審査でも好印象です。

スーパーホワイトの人が信用情報を積み上げる方法を紹介

スーパーホワイトの方は信用情報機関に全く情報が載っていません。

スーパーホワイトの方は現金主義の方と過去にお金のトラブルを起こした人の区別がつかないためクレジットカードやローンの審査では不審に思われてしまいます。

ですが、スーパーホワイトの方が信用情報を積み上げる方法があるのです。

  • 携帯電話、通販商品の分割払い
  • 発行しやすいクレジットカードの作成

スーパーホワイトの方が信用情報を積み上げる方法を見ていきましょう。

携帯電話や通販商品を分割で購入

スーパーホワイトの方は、「クレジットカードがないから信用情報が作れない…。」と思っているかもしれませんが、携帯電話の機種代金やテレビショピングの商品代金を分割で購入すれば信用情報を作り上げることができます。

どうしてクレジットカードやカードローンなどに比べて、携帯電話の機種代金やテレビショッピングの商品代金のローンに通りやすいかというと、商品が担保の役割をしてくれるからです。

つまり、30代以上のスーパーホワイトの方でクレジットカードを発行してみたい方は、携帯電話の分割払いなどで信用情報を作り上げてから申し込みましょう。

発行しやすいと言われているクレジットカードから利用する

信用情報を作るのに携帯電話の機種代金や商品を分割で購入するのが確実ですが、比較的発行しやすいと言われているクレジットカードに申し込んでみるのもひとつの方法です。

クレジットカードは種類によって難易度が違う

クレジットカードには大きく分けて銀行系、信販系、流通系、消費者金融系の4つの系統があります。

クレジットカードは発行元によって審査の難易度に差があります。

以下では、クレジットカードの系統ごとに審査の難易度を上から並べました。下に行くほど、審査の難易度が高くない種類のクレジットカードです。

  • 銀行系クレジットカード
    →銀行が発行
  • 信販系クレジットカード
    →クレジットカード専門の会社が発行
  • 流通系クレジットカード
    →スーパーやコンビニ系の会社が発行
  • 消費者金融系クレジットカード
    →消費者金融会社が発行

スーパーホワイトの方が初めてクレジットカードを発行するなら、どのクレジットカードが良いのでしょうか?

審査の難易度で考えると、スーパーホワイトの方が最初に申し込むクレジットカードとしては、流通系のクレジットカードか消費者金融系のクレジットカードがおすすめです。

流通系のクレジットカードと消費者金融系のクレジットカードの、審査の特徴を簡単に見てみましょう。

流通系のクレジットカードは、還元率を高く設定されており、多くのユーザーに使ってほしいという考えを持っているのです。

そのため、流通系のクレジットカードの審査では、スーパーホワイトの方でも審査に通る可能性があります。

また、消費者金融系のクレジットカードは、他の系統のクレジットカードとは違う評価基準です。

他のクレジットカードの審査では、信用情報がしっかりとできているのかどうかを最重要項目として見ていますが、消費者金融系のクレジットカードの審査では、現在の安定した収入があるかどうかを大事な項目として申込者を見ています。

つまり、スーパーホワイトの方でも安定した収入を持って入れば消費者金融系のクレジットカードを発行できる可能性があるのです。

上記のことから、スーパーホワイトの方がこれからクレジットカードを発行するなら、流通系のクレジットカードか消費者金融系のクレジットカードがおすすめになります。

審査に落ちてしまった方は半年空けてから申し込みを

もし、クレジットカードの審査に落ちてしまった方でも、6ヶ月間空けると再びクレジットカードに申し込むことが可能です。

  • 審査に落ちた場合、6ヶ月間はクレジットカードに申し込まない
  • 次のクレジットカードに申し込む場合は、半年経ってから

信用情報機関には、クレジットカードの申し込みや審査の結果の情報が載るため、半年以内に他社のクレジットカードに申し込んでも、落ちてしまう可能性が高いです。

クレジットカード会社の気持ちになって考えてみれば、例え他社のクレジットカードの審査であっても、落ちるということは何か理由があるため、簡単に審査に通そうという気持ちにはなりませんよね。

ですが、クレジットカードの審査に落ちたという記録は、信用情報機関に一生残るわけではありません。

信用情報機関にクレジットカードの申し込みの記録が残るのは半年間です。

もし、クレジットカードの審査に落ちてしまった方は、他社のクレジットカードでも、最低半年間の期間を空けてから申し込みましょう。

まとめ

現金主義でクレジットカードやローンを利用してこなかった方は、信用情報機関に全く情報がないためスーパーホワイトという状態です。

現金主義のスーパーホワイトの方と、過去にお金のトラブルを起こしてスーパーホワイトになった方の区別ができないため、クレジットカードやローンの審査では不利になってしまいます。

また、スーパーホワイトの方がクレジットカードやローンの審査に通りたい場合は、信用情報を築き上げることが大事です。

信用情報を作り上げるには、携帯電話や通販の商品を分割払いで購入したり、発行が難しくないクレジットカードから申し込みましょう。

dカードGOLDの審査難易度や審査突破方法はこちら